ドラマ「婚姻届けに判を捺しただけですが」に出演

ドラマに友情出演し見事に演じ切ったLayoutの名優たちをご紹介するシリーズ第8弾です。

主演 清野菜名さん
   坂口健太郎さん

「婚姻届けに判を捺しただけですが」
インパクトのあるタイトルです…
というかちょっとコワい、あまりに無防備ではありませんか。

「契約書に判を捺しただけですが」に置き換えた瞬間、冷や汗がドバっとでてきました。(経営者目線。)

余談はさておき、ストーリーです。

大加戸明葉(清野菜名)は「森田デザイン」で働く中堅デザイナー。夢だったデザイナーの職について仕事が楽しく、同僚との関係も良好。いつか独立して広告で賞を取ることを目標に、やりがいを感じる日々を過ごしている。現在彼氏はいないが、学生時代からの友人など一緒に飲んでくれる友達はおり、「生涯独身上等、おひとり様最高!」と独身を謳歌していた。

そんなある日、明葉は飲み会で出会ったばかりの男性から突然プロポーズされる。初対面の明葉にプロポーズしたのは、広告代理店「秀伝堂」の社員・百瀬柊(坂口健太郎)。堅物で変人だが、外見は良く仕事に対しても真面目で、上司や部下、そしてクライアントからの信頼も厚い男だ。
しかし、百瀬は訳あって偽装結婚する相手を探していた。

突拍子もない電撃プロポーズに、はじめは「ありえない! バカにしてるんですか!?」と突っぱねた明葉だったが、ひょんなことから百瀬の偽装妻になる。

共同生活が始まり、衝突する2人。そして次第に分かっていく、百瀬が偽装結婚をする本当の理由・・・。一つ屋根の下で暮らすうちに、2人に変化が生まれていくのか・・・!?

スタートから存在感を発揮する名優たち

第一話からさっそくLayoutのラグたちがあらゆるシーンで好演をみせています。
見ている私もこれは癒着があるのではないだろうかと疑うほどの露出ぶりでございます。

ざんねんなことに写真はありませんが、明菜と柊の部屋の間に掛けられたラグは重要なシーンで何か大きな役割は担うのではないかと勝手に想像してしまいます。

リッチな空間を演出

明菜が引っ越してきた柊の家の玄関俯瞰シーンではLayoutのラグが抜群の存在感を発揮! 
正直このラグがなければ殺風景な玄関になってしまうので俯瞰シーンを撮影することすらなかったはずです。
それぐらいリッチな空間へと演出する好演ぶりでした。

言葉を発せずとも玄関をリッチな空間へ演出する存在感

渾身の演技を全身で受け止める

柊のベッドルームを彩るLayoutのラグ。
第一話の柊がベットから落ちて頬ずりしているシーンでは坂口さんの渾身の縁起をしっかりと受け止める懐の深い役を好演

役者さんの縁起を全身で受け止める懐の深さに称賛が止みません
ラグ一枚で奥行のあるスタイリングが演出できます
ACTUSの人気№1ソファ アイラーセンのストリームラインと久和屋のテーブル
ドレスルームにラグ、贅沢空間ですね
サイドボードの上に。下にスタイリングしてもGOODですね
水漏れ注意ですよ!
Layoutのラグが両サイドのスピーカーの足元をしっかりを固めています
左も
右も
引越し前の明菜の部屋にも
就寝中もしっかりお守りします

TBS 火曜ドラマ「婚姻届けに判を捺しただけですが」は

10月19日 よる10時スタートです。


Layoutでは、TV・MV・雑誌などのメディアさま向けにラグのお貸出しをしています。
ドラマ、バラエティー、プロモーションビデオなどの制作時にご活用ください。

お問い合わせについて

お取引のお問い合わせは下記のフォームよりお願い致します。

お名前※必須

メール※必須

電話番号

お問い合わせ内容※必須