『カーマは気まぐれ』

今回のタイトルは、80年代の大ヒット曲「Karma Chameleon」からいただきました

今回のタイトルは、80年代の英ロックバンド「Culture Club(カルチャークラブ)」の大ヒット曲「Karma Chameleon」の邦題「カーマは気まぐれ」からいただきました。

『OK牧場の夜』

今回は人間社会の縮図ともいえるラグを小松目線で解説します。

空想上の動物も含めて遊び戯れているような生き物たちのこの様子。 でもよく見ると眠そうな青い鳥がいますね。 そりゃ、みんなが遊んでいたって眠い時は眠いですよね。

『マルベル堂の秘蔵っ子』

今回は、ひと昔前の恋愛コメディー漫画に出てきそうなイケメンがモチーフのラグをご紹介。

ひと昔前の恋愛コメディー漫画に出てきそうな、まゆ毛キリリ、瞳にはお星さまがキラリなイケメンがモチーフのラグでございます。 右45度に口角があがっているあたりが自信のほどを窺わせますね。

『ノアの宇宙船』

今回は、とにかくいたるところに動物が乗り込んでいる宇宙船のようなラグをご紹介します。

とにかくいたるところに動物が! 小さい子から大きな子まで。背中が山のようになっていて、らくだみたいだけど、、、それにしては首がやけに長いですね。

『幸せの窓』

今回は、窓を意味する四角い模様がたくさん描かれているギャッベをご紹介します。

ギャッベにある四角い模様は「窓」を意味していることが多いです。 こちらのギャッベは沢山の窓が描かれているようなデザイン。 窓から幸せがはいってきますようにという願いが描かれています。 窓から風だけではなく、幸せが入ってくる・・なんてステキな考え方でしょう。

『遠い旅の空から。』

風景のギャッベからは様々な情景が浮かびあがり楽しくなります。

ハイクオリティのギャッベは柄が鮮明でモダンな印象をうけますが、程よく素朴さもあり魅力がたくさんあります。その中でも、好きなポイント4つご紹介させていただきますね♪

『宝石箱のような君へ。』

今回は私が個人的にとても気になっているパネル柄のギャッベについて考えていきます。

このギャッベはハイクオリティタイプ。見てわかる通り柄が細かい!ですね。細かいだけではなく手触りもとても柔らかく、ついつい見惚れてしまう佇まいなのです。

新入りのラグたち