ギャッベを編む遊牧民の人々を想って

#700:Nさま
使用場所住居形態ラグの種類
ダイニング
16畳
4人ギャッベ
40cm×40cm

Question1. Layoutを知ったきっかけ 

NHK「世界は欲しいモノにあふれてる(イラン編)」を見て 

Question2. ラグを欲しいと思ったきっかけ 

ダイニングチェアに敷いていたチェアマットがへたってきてしまい、何か良い物はないかと、探していたところでした。 
「せかほし」で放送されていたラグにとても惹かれ、手に取りやすい価格帯のチェアマットサイズもあると知り、まず実物を見て触ってみたくなり来店しました。 
 また、在宅時間が増え、部屋の雰囲気を変えたいとも思っていたところでしたので、ギャッベはまさにピッタリでした。 

Question3. ラグを選んだ決め手 

直感と、好きな色の組み合わせ 
柄に込められた意味・想いを、スタッフの方に教えていただき、その柄の意味に惹かれて(木の模様は生命の木.健康etc.) 

Question4. ラグを敷いてみた感想 

ギャッベは、丁度良い厚みがあり、座るとほっこりします。 
そしてダイニングの良いアクセントにもなりました。 
 
また、時間のある時などは、珈琲片手に座りながら、ギャッベを編む遊牧民の人々を想ったり、柄をじっくり眺めてたり、触ったりして楽しんでいます(笑) 

Question5. ラグについて心配な点・気になっている点 

お手入れが気になりましたが、 
食べ物をこぼした時の簡単なお手入れ等、購入時に教えていただけたので、安心しました

Question6. その他、ラグをお探しの方へのアドバイスをお願いいたします。

ラグを敷きたい場所の寸法を測り、写真も持参すると、スタッフの方がとても丁寧にラグ選びのアドバイスをしてくださいます。 

ペルシャラグは、庶民には遠い物と思っていましたが、 
現地イランでは生活に欠かせない日常品と知り、私も日常使いしてみることに。 
日々が豊かになると実感しています。